メインイメージ画像

専門業者とも相談する

ひと言に電子機器と言っても、使用法によって使いやすいものは全然違います。例を挙げると、レストランを経営しているなら、厨房の中で使う業務用の食洗機やオーダーを管理するPOSシステムが必要になりますが、イベントやショーを運営する会社では、大型の画面のような製品を使う事があります。インターネットやオンライン上のランキングサイトの意見を読んだり、知り合いから使用感を聞くのも良いですが、自分が使う時に、完全に同じ環境で使用する訳ではないので、使ったあとに良くないという事もあるはずです。最良なのは気に入った製品を専門に扱う業者の担当の人とちゃんと相談して、購入者の感想を聞く事です。

もし複合機を購入する時は、商品購入後の配送料にも注意しましょう。場所をとる製品ですので、配送料がかかるのは当然ですが、事務所のある場所によって、搬入できるかどうかも先にチェックしておく事が大切です。マンションやビルの一室に仕事場を構えている場合、部屋が何階にあるのか、建物にエレベーターがあるのか、しっかりと伝えましょう。

古いビルだと、複合機が玄関から入らない事もあります。自分が購入する製品の大きさと、通路の幅を測りましょう。普通の運送会社を使う場合は、入り口までの配送となりますが、発注したお店の独自の発送なら、パソコンとの接続まで全部してもらえるので、少し高くてもこっちを選んだ方が正解だと思います。